QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
プロフィール
NPO紀州お祭りプロジェクト
NPO紀州お祭りプロジェクト
〒640-8033
和歌山市本町2丁目46番地
TEL 073-426-4424
FAX 073-426-4426

2011年02月12日

普及用楽曲の歌詞募集

今年も普及用楽曲を作成します
普及用楽曲とは、いきなりオリジナル曲ではハードルが高い方にとって
取り組みやすいように、実行委員会が提供する、曲と振りがセットに
なった楽曲です。

実績としては、おどるんやキッズ連結成数年のチーム
多数取り入れられています。(わかやま最高、ぶんだらニューバージョン、
和歌山どんどん、紀州YOSAKOIソーラン節)


今年は、歌詞から完全オリジナルで作成します。
普及用楽曲のコンセプトとしては、「おどるんやで出会った感動体験」
「おどるんやの未来への期待」を込めた曲をつくりたい


たとえば、総踊り曲YAPPA紀州の歌詞
「ここはみんなの帰る場所、ひとつになれるまち」は、
まだお祭りが出来ていない時に、「たとえ進学や就職で和歌山を離れても、
この日だけはひとつになれるお祭りをつくりたい」という会長西平の
想いから、歌詞になりました。


いま、お祭りをむかえると、こういうシーンが実際にうまれ、
そこに喜びを感じながらフィナーレの総踊りYAPPA紀州で、参加・交流・感動の
このお祭りのすごさを強く感じます。


いろんなことはあるけれど、やっぱりお祭りに出れてよかった、
チームにいてよかった、仲間がいてよかった。応援してくれる方への
感謝、和歌山への感謝、、、そういったすばらしい経験・エピソードが
7回のお祭りで誕生しているはずです。

そういった私たち、 皆さんの想いから今回の普及用の歌詞や曲調を
つくっていきたいと思っています。

特に様式は問いません。歌詞の形でくださってもいいですし、
エピソードを作文のように書いてくださったり、1フレーズだけでも、
いえ、単語だけでも結構です。踊り子やボランティア、観客、警察、行政、広告企業さん、、、
どなたでも結構です。

締めきりは、2/28まで。事務所までFAX073-426-4426 かメールでください。
お待ちしております。
副実行委員長 内田




紀州よさ狂(CREW)」に参加しませんか?
同じカテゴリー(チーム部門)の記事画像
【衣装賞】和歌山大学よさこいサークル「和歌乱」
8/20(土)チーム作り相談会開催します♪
関学よさこい連 炎流さん 
総踊りについて考察(長文です)
チームで参加するということ(学校) ※長文です
ヒゲヒゲ団とおどるんジャー
同じカテゴリー(チーム部門)の記事
 【9/9(日)】チーム代表者会議のご案内 (2012-09-07 15:33)
 【衣装賞】和歌山大学よさこいサークル「和歌乱」 (2011-08-31 19:59)
 8/20(土)チーム作り相談会開催します♪ (2011-08-17 16:26)
 関学よさこい連 炎流さん  (2011-07-25 20:39)
 おどるんやハッピートーク (2011-01-09 22:09)
 地域伝統芸能まつり (2011-01-04 07:04)
Posted by NPO紀州お祭りプロジェクト at 18:48│Comments(0)チーム部門
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。