QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
NPO紀州お祭りプロジェクト
NPO紀州お祭りプロジェクト
〒640-8033
和歌山市本町2丁目46番地
TEL 073-426-4424
FAX 073-426-4426

2010年09月26日

熱い祭り 熱い奴ら!3

5月の出来事です。

今年のおどるんやにエントリーをして下さっていた
チーム代表の方からの電話でした。

それはエントリーを取り消してもらえないだろうか
との内容だったんです。

そのチームさんは2007年3月に結成され
私の記憶が間違っていなければその年の第4回、

翌年の第5回と人数面がハードルとなりおどるんや
への参加を見合わせてらっしゃいました。

昨年の第6回は他チームさんとのコラボで合同連を
結成し、参加をして下さっており、

今年の自チーム単独でのエントリーにはどれだけの想い
が詰まっていたか容易に想像が出来ます。

辞退の決断をされたのはチーム内で設定していた最終期限の
時点で必要な人数が集まらなかったのでという理由からでした。

祭りまでまだ数ヶ月という時間がある状況でしたから、
その中で必要な人数を集められる可能性は十分にあったんです。

ですが、その方は潔く辞退の決断をされました。

しばらくして同代表からまた電話が入り今度はおどるんやの
スタッフをさせてもらえないだろうかとの内容でした。

驚きました。まだまだ気持ちの整理もつかない状況だろうに。

でも、その方の意思は強くチーム内で有志を募り是非、
お手伝いをさせて頂きたいと仰ったんです。

祭りに向かっていく中での会議、打ち合わせにも積極的に
メンバーの方達が参加をして下さいました。

代表から一つだけお願いがあると言われました。

それはチーム衣装でスタッフをさせてもらえないだろうか
という提案でした。

衣装を纏う事で踊り子でない立場でも祭りの空間を共有している
んだという事をメンバーの方達に感じさせてあげたいという

親心に加えて、踊り子が踊り子以外の立場として祭りに関われる
新たな可能性を色んな方達にも見て欲しいという彼の想いが

その提案には込められていました。

本祭の二日間 彼等はパレード会場のスタッフとして炎天下
の中、激務をこなして下さいました。

祭り最終日のエピソードです。 

和歌山城競演場の最後の総踊りへ彼等を送り出そうという
案がパレードスタッフの総意で用意されました。

それを聞いた彼等は私達は今年、おどるんやのスタッフとして
ここに居ます。 

だから、最後までその立場を全うしたいんですと言って下さったんです。

どれだけ踊りたかったことでしょう。

自分の気持ち以上に他者への配慮を忘れない彼等の様な
若者がこの街に居てくれる事が嬉しくてたまりません。

彼等が大好きです。 心から あ り が と う !!
  
Posted by NPO紀州お祭りプロジェクト at 06:26Comments(0)チーム部門